ぽっこりお腹も脂肪吸引で解決|コンプレックスとサヨナラ

レディー

にきびと肌治療

照射

にきびの中には、完全に治るまで一定の時間がかかるものも見られます。数か月経過してもなお、肌に何らかの跡が残っているようであれば専門的な治療が必要です。にきび跡は、炎症によって肌の細胞がダメージを受けることで生じてきます。このようなダメージを受けると、皮膚組織に変化が起こることが問題です。部分的な盛り上がりや凹み、色素沈着などはにきび跡ではよく見られる症状です。肌がもろくなり、内部の血管が赤みとして見えることもあります。こういったにきび跡が残ってしまうと、自然に回復する可能性は極めて低くなるのが常です。したがって、きれいに治すためには美容整形外科や美容皮膚科などを利用して、専門的な治療を受けることが必要となります。

にきび跡を治療するクリニックでは、レーザーを駆使することで様々なにきび跡に対処します。使用するレーザー機器や、出力の強さはその都度カスタマイズされるのが一般的です。レーザーによる治療は、時にかなりの痛みを伴います。照射時間が短い場合でも、瞬間的に感じる痛みが強くなることがあるのが治療の難点です。クリニックによっては、このような場合に備えて冷却装置を搭載したレーザー機器を用意しています。このようなタイプの機器であれば、治療の際に感じる痛みを軽減することが可能です。照射と同時に患部を冷却することで、体感的な痛みが少なくなるのが、大きな利点と言えます。こういった機器を導入するクリニックを選ぶことが、痛みを減らすためのコツです。